ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 健康福祉部 > 薬務課 > 新型コロナワクチンの乳幼児(生後6か月~4歳)接種に関する情報

本文

新型コロナワクチンの乳幼児(生後6か月~4歳)接種に関する情報

更新日:2024年1月19日 印刷ページ表示

特例臨時接種終了のお知らせの画像

新型コロナワクチンの全額公費による接種は令和6年3月31日で終了します。

  • 新型コロナワクチンの全額公費(無料)による接種は、令和6年3月31日で終了します。市町村ごとに接種の日程が異なり、年度末が近づくとご希望の日程や会場での接種ができない可能性がありますので、希望する人は早めの接種をご検討ください。
  • 令和6年4月1日以降は、65歳以上の方および60~64歳で対象となる方(※注)には、秋冬に自治体による定期接種が行われます。また、任意接種として、時期を問わず自費で接種していただけます。
    (※注)60~ 64歳で、心臓、腎臓または呼吸器の機能に障害があり、身の回りの生活が極度に制限される方、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)  による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

接種予約はこちらから

(1)電話での予約

お住いの市町村のコールセンターにご連絡ください。
※専用の予約サイトから予約できる市町村もあります。詳しくは市町村のホームページをご確認ください。

(2)LINEからの予約

群馬県公式LINEアカウント「群馬県デジタル窓口」を友だち登録して予約してください。
次のボタンをタップすると簡単に友だち登録することができます。

友だち登録ボタン<外部リンク>

※一部の市町村はLINEからの予約ができません。予約できる市町村はぐんまワクチン接種LINE予約システムをご確認ください。

お知らせ

 新型コロナワクチンの乳幼児(生後6か月~4歳)接種に関する情報のページを公開しました。

目次

1.乳幼児接種の目的
2.乳幼児接種の時期
3.乳幼児接種の対象者
4.乳幼児接種の費用
5.乳幼児接種の会場
6.注意事項
7.乳幼児接種で使用されるワクチン
8.乳幼児接種の有効性・安全性・副反応
9.広報資材

1.乳幼児接種の目的

 オミクロン株流行下において、新型コロナウイルス感染症に感染した小児(11歳以下)の数は増加しており、感染者数に占める小児の割合は高い水準にあります。また、小児の重症例や死亡例の割合は、高齢者等に比べれば少ないものの、感染者数の増加に伴い、重症に至る症例数が増加傾向にあること等が報告されています。
 加えて、ワクチンの有効性について、オミクロン株流行下においても効果が期待でき、安全性についても、大きな懸念はないとされ、小児接種(5歳~11歳)と同様に乳幼児(6か月~4歳)を対象にした新型コロナワクチンの接種が実施されることとなりました。

 なぜ、乳幼児(生後6か月~4歳)の接種が必要なのですか。(厚生労働省)<外部リンク>

2.乳幼児接種の時期

 令和4年10月24日から令和6年3月31日まで実施予定です。
 詳細は、市町村からの広報などをご確認ください。
 (注)乳幼児のワクチン接種は3回接種を受けることで初回接種が完了します。

3.乳幼児接種の対象者

(1)初回接種(1~3回目)

 対象者は、生後6か月~4歳の方です。
(注)1回目の接種日時点の年齢で使用するワクチンが異なります。

  • 1回目の接種時に4歳の場合、乳幼児用ワクチンを使用します。乳幼児接種は3回で1セットのため、2回目・3回目接種以前に5歳になった場合でも、2回目・3回目ともに乳幼児用ワクチンを使用します。
  • 1回目の接種時に既に5歳になっている場合、小児用(5~11歳用)ワクチンを使用します。
  • 予防接種においては、誕生日の前日に1歳年をとると考えます。そのため、4歳の方が5歳を迎える場合、誕生日の前日から5歳として取扱い、小児用ワクチンを使用します。

(2)追加接種(4回目)

実施期間 令和5年9月20日以降

  • 初回接種(1~3回目)を完了した生後6か月~4歳のすべての方が、「令和5年秋開始接種」として、一人1回接種を受けることができます。
  • ワクチンは、ファイザー社(生後6か月~4歳用)オミクロンXBB.1.5対応1価ワクチンを使用します。

4.乳幼児接種の費用

 乳幼児接種の費用は無料です。

5.乳幼児接種の会場

 お住いの市町村のホームぺージ、広報紙等でご確認ください。

6.注意事項

(1)接種当日

  • 予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です(保護者が同伴できない場合、子供の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能)。
  • 可能な限り母子健康手帳をご持参ください。その他持参資料は、市町村からのお知らせ等でご確認ください。

(2)接種後

  • 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。
  • 入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
  • 接種後に副反応が現れることがあります。5歳以上のワクチン接種と同様に、ほとんどの場合、数日以内に回復しますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。
  • ワクチン接種後4日程度の間にお子様の胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

7.乳幼児接種で使用されるワクチン

(1)ワクチンの種類

 乳幼児接種では以下のワクチンを使用します。

 ・ファイザー社(生後6か月~4歳用)オミクロンXBB.1.5対応1価ワクチン(注)(厚生労働省)<外部リンク>

(注)1回あたりに接種する有効成分の量は、12歳以上が1回あたりに接種する量の10分の1です。

 ・モデルナ社XBB.1.5対応1価ワクチン(厚生労働省)<外部リンク>

 ・ファイザー社ワクチン(1価:従来株)(厚生労働省)<外部リンク> ※令和5年9月19日で接種が終了となりました。

(2)接種間隔

  • ファイザー社ワクチンの場合、1回目接種後、通常3週間あけて2回目を受け、2回目接種後、8週間あけて3回目を受けます。
    通常の間隔を超えた場合には、なるべく速やかに接種してください。
    (注)ファイザー社ワクチンの場合、生後6か月から4歳のお子様は、合計3回接種して、初回接種が完了します。
  • モデルナ社ワクチンの場合、1回目接種後、通常4週間あけて2回目を受けます。
    通常の間隔を超えた場合には、なるべく速やかに接種してください。
    (注)モデルナ社ワクチンの場合、生後6か月から5歳のお子様は、合計2回接種して、初回接種が完了します。
  • 追加接種(4回目)は、前回のワクチン接種から3か月経過後接種します。

 なお、インフルエンザワクチンを除き、次のとおり他のワクチンとの接種間隔にご注意ください。

  • 新型コロナワクチンと同時に他の予防接種を行わないでください。
  • 前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と2週間以上の間隔を空けてください。

8.乳幼児接種の有効性・安全性・副反応

 以下の厚生労働省ホームページをご覧ください。

9.広報資材

 特例臨時接種終了のお知らせ (PDF:1.31MB)
 オミクロン株(XBB.1.5)に対応したワクチンの接種について (PDF:1.3MB)
 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(厚生労働省・PDF:1.59MB)<外部リンク>
 新型コロナワクチン接種後の注意点(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)(厚生労働省・PDF:1.06MB)<外部リンク>
 小児への新型コロナワクチン令和5年度秋冬接種に対する考え方(日本小児科学会)<外部リンク>
 生後6か月以上5歳未満の小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方(日本小児科学会)<外部リンク>